治療費

まつげパーマをしていても治療は受けられる?

まつげパーマをかけている人は、レーシックの治療が受けられるのかが気になるところですね。
レーシックは眼球の角膜をけずる手術なので、まつげパーマをかけていたとしても関係ありません。
手術を受けることができます。

ただし、まつ毛エクステを付けている人は、レーシック手術を受ける前にはずしましょう。
レーシック手術の当日は、感染症を防ぐために化粧も落とさなくてはならないようです。
まれに、まつげパーマをかけている人の目やまぶたに炎症がおきたり、はれてしまったりすることがあります。

とくにパーマ液が目に入ると、結膜炎や角膜炎を起こしてしまうこともあるようなので、それがレーシック手術に影響を及ぼすことがあるかもしれません。
レーシック手術をする前には「適応検査」が行われるので、何か病気があれば、そのときにわかるでしょうし、目に違和感がある場合には、担当医師にご相談ください。
どうしても気になるという人は、まつげパーマが取れてからレーシック手術を受ければいいと思います。

まつげパーマは、かけてから1ヶ月後、長くても2ヶ月ぐらいになれば自然に取れます。
万一のことを考え、目の調子が良い状態でレーシック手術を受けることをおすすめします。

このページの先頭へ