治療費

回復した視力は永久的に続くの?

レーシック手術で回復した視力が、手術後の半年から一年ぐらい経過したときに、低下してしまうことがあるようです。
右目だけとか、左目だけとか、片方の目の視力だけが下る場合もあります。
視力の低下を感じた場合は、再手術を行うことが可能です。

ただし、再手術を行った人の例からすると、再手術をしたからといって視力が上がる保証はないとのことです。
これは個人差があるとしか言いようがなく、人によって角膜の厚さが違うために、再手術を受けることのできる回数も変わってきます。
また、どこまで視力が落ちるのかの予測がつかないので、再手術を行うタイミングは難しいでしょう。

視力が下るたびに再手術を受けるのではキリがありませんし、角膜をけずり続けるのは危険です。
レーシック手術の広告には、視力の戻りについての記載があまりないので、戻ったときに再手術をする意思があるか、患者さんに確認していただきたいものです。
手術前の「適応検査」で、角膜の厚さについては把握できているはずです。

角膜が薄い人は断られる場合もありますが、実際には、薄くてもレーシック手術を受けている人がいます。
レーシック手術を受ける前に検査を受けて角膜が薄いとわかった場合は、再手術することを考えれば、レーシック手術を受けない方がよいのではないでしょうか?
実際にレーシック手術を受けた人の体験談はこちらhttp://www.riponwebdesign.com/3.html

このページの先頭へ