治療費

目の美容整形をしていても治療は受けられる?

目の美容整形でもっとも希望が多いのは、一重のまぶたを二重にする手術だそうです。
切らなくても二重にできる「プチ整形」も流行っています。
ほかには、目頭や目尻部分を切開したり、上まぶたや下まぶたのたるみを取ったりすることで、目元が若々しくなります。

目の美容整形は瞳を大きく見せて、顔の表情を明るくするのが目的です。
あとは、下向きのまつ毛が目に入りやすい「逆さまつ毛」を治す手術などがあります。
美容整形後、すぐに帰宅できる場合もありますし、入院が必要になる手術もあるみたいです。

手術によっては、目のはれが引くのにしばらくかかります。
目の美容整形が目の周辺に集中しているのに対して、レーシックはレーザーで眼球の角膜をけずる手術なので場所が異なります。
目の美容整形をしていても、レーシックの治療を受けることができます。

ただ、手術後の一週間程度は保護メガネをかける必要があるため、美容整形との期間はあけた方がよいでしょう。
手術後に光がまぶしかったり、涙が止まらなくなることもあるので、あまり目に負担をかけない方がいいと思います。
目も体調に左右されますから、感染症などを防ぐ意味でも、美容整形が落ちついてからレーシック手術を受けることをおすすめします。

このページの先頭へ