治療費

レーシックを受けるときの注意点

レーシック手術をする前に、クリニックで「適応検査」を受ける必要があります。
適応検査では、その人の角膜の厚さや眼圧などを調べます。
角膜が薄い人の場合は、手術を受けることができません。
また、レーシックには対象年齢があります。

ほかにも、白内障や緑内障をわずらっている人、糖尿病や膠原病などにかかっている人が受けられないことがあります。
その人の健康状態により、手術を受けられないケースがあるとのことです。
レーシック手術を受けようと考えて資料をいろいろ集めて準備をしていても、健康状態により断られることがあるので、適応検査を受けてみてください。

なお、無料で適応検査を受けることのできるクリニックがあります。
ほかにも、レーシックを受けるときの注意点として、風邪薬や頭痛薬などの薬を飲まないこと、アルコールやタバコなどをひかえて、万全の体調で受けることが大切です。
目の状態は、その日の体調に左右されますから、免疫力が低下している状態で手術を受けると、感染症にかかるリスクが高くなります
こちらのレーシック手術を受けることができない人の条件もご覧になってみてください。

ところで、コンタクトレンズhttp://www.historicalpreservation.org/kon.htmlをしている人は、角膜の形に影響をおよぼすため、手術前の一週間程度はメガネをかけて過ごすことをおすすめします。
こういった注意は、クリニックの医師からも説明があると思います。
説明の丁寧なクリニックを選びましょう。
レーシックの成功事例と失敗事例についれはこちらhttp://www.leqiys.com/06lasik.html

このページの先頭へ